暖かい季節到来で、
お散歩中のワンコさんたちも楽しそう。
寒がりニャンコさんたちも活動的になってきましたね。

ペットの飼い主さんたちにとって
春はしなければならないことがワンサカ!
ワンコの飼い主さんたちは、4月に狂犬病予防接種があり、
皆さんそのついでに、フィラリア予防、ノミ・ダニ対策などなど
動物病院からもあれこれお勧めされて、
どんな選択がベストなのか、悩んでしまう人も多いですね。

ノミ・ダニ対策というと、おそらく一番メジャーな方法は、

1.スポットタイプ(滴下型) :イヌ・ネコの首筋に1ヶ月に1度垂らす

2.服薬型 : 錠剤やチュアブルを1ヶ月に1度服用する

だいたいこの2種類が動物病院で春先にお勧めされるものです。

そしてイヌだけでなくネコの飼い主さんからも、
「動物病院で勧められたので一応飲ませてますけど、必要ですか?」
という質問を受けたりもします。

 

ノミやダニは都会でもそこら中に生息おり、
ペットは・・特にお散歩をするワンコたちは
どうしても草むらに首つっこんだりしがちですから、
虫が絶対につかないようにするというのは残念ながら不可能です。

もしノミやダニに寄生されると
ワンコ本人、ニャンコ本人が痒い思いをすることはもちろん、
いっしょに暮らすヒトにも影響があり、
特にマダニ媒介する病気は要注意です。

なので、ノミやダニにはお近づきにならないことがベストですが、

前述したメジャーな対策2つはどちらも虫の駆除薬です。
つまり虫がつかないようにする効果はゼロで、
ついてしまった後から駆虫するという考え方です。
要するに『殺虫剤』。

そうなると、虫を殺すようなものを、
しかも1回滴下したり服用したりするだけで
1ヶ月効果が続くようなものが
ずっとペットの体表や体内にとどまり続けるわけで、
それを何度も何度も毎月繰り返すわけです。
それって大丈夫なの???

という疑問をもつ方は少なくありませんね。

そんなわけで、ここでは
ノミ・ダニ対策用の薬は必要不可欠なの? 安全なの?
大切なわがコのためにどうすれば???

というテーマを考えてみましょう。

私としては、
絶対的に薬が最適な方法というわけではないと思うのです。

その理由は、
1.副作用がある

薬には必ず副作用があります。
市販されている薬ですから、大きな問題がジャンジャン起こるようなことにならないように研究されてはいます。
ただ研究とは違った想定外の事態は日常生活でいとも簡単に発生します。
例えばスポットタイプの薬を垂らし、体表に広がった薬剤、これは血液内には入らないことになっていますが、
それを舐めてしまったとしたらどうでしょう??
ペットの身体のなかには、化学物質として取り込まれます。
そしてペット本人はもちろんのこと、スキンシップしたり、いっしょに寝たりする私たちヒトにも、
なんらかの影響があってもおかしくないですね。 

2. 長期に渡る影響は未検証

繰り返しになりますが、市販薬として広く使われているものは、急性症状が起こるようなことにはなっていません。
もしそんなことになったら、堂々と販売していかれません。
それでも中には、スポットタイプの薬を垂らすとのたうち回るコ、3日間くらいぐったりしてしまうコなど
急性症状を起こす動物もいますが、大半はなんともないコも多いです。
そして、とりあえずなんともなければ大丈夫なの??といったら、長期間それを繰り返した結果具合が悪くなった時など、
因果関係を検証するのは難しく、原因不明とされてしまうことが通常であろうと思われます。

3.肝臓への影響

薬として取り入れた化学物質は、肝臓ががんばって解毒します。
もちろん肝臓はノミ・ダニ対策用の薬のためだけにあるわけではなく、
毎日フル活動してくれています。
解毒しなければならないものがあまり多くなると、肝臓が傷んでくることも十分考えられます。

4.忌避(虫がつかないようにする)効果はない

スポットタイプであろうと服薬タイプであろうと、『駆除薬』というものは、
いざペットにノミやダニがついてしまったとして、その後に殺虫作用が働くというものです。
「病院で薬垂らしてもらってるのにノミがついてしまった!」という訴えを聞くことがありますが、
それが駆除薬なのであれば当然なのですよ。
駆除薬を飲ませたからといって、虫がつかないようにする作用はないのです。 

そんなわけで、1-4までを踏まえて
メリット(虫を駆除する)とデメリット(副作用等々)のバランスを見てみると
なんだか釈然としないと思われる方も少なくないのではないでしょうか。

他に方法はないの??と言われたら、あります。

5.健康であれば虫はつきにくい

そもそも虫はどんな動物に寄生しようと思うかといったら
不健康で元気がなく、簡単に身体をのっとることに成功しそうな個体です。

元気はつらつで、病気特有の分泌物のニオイなどがしないコをターゲットにはしません。
  
あとは、毎日のスキンシップの中でよく観察し、
外出の後はブラッシングをするなどして、
もしついてしまっていてもとってあげればよいのです。
(とり方のコツはノミ・ダニそれぞれいろいろ注意点がありますが、ここでは割愛します)
  

念の為、忌避効果のあるハーブ剤など使ってみるのもよいでしょう。
ただ、「100%つかない」ということはあり得ませんので、
やはりブラッシングと観察は大切です。

これにつきますね。
ウチでは、トコには駆除薬を使ったことはありませんが、ノミ・ダニがついたことは今の所ありません。
一応、草むらの多いところに行く時は念の為忌避効果のあるスプレーを使ったりはしてます。

そして、1日1回は、対話も兼ねて、全身よくみます。
歯磨きしたりブラッシングしたり、異変があればその時気づけるように。

ネコちゃんは、完全室内飼いの場合、
人間や同居動物が外から持ち込まない限りは寄生される可能性は低いように思います。

ワンコはお散歩で外に出ますし、都会でも油断はできません。
実際、サロン近くでお会いするワンコがマダニに噛まれた話を聞いたことがあります。

日常的にブラッシングしたり、全身をチェックしたりといった時間がどうしてもないという方は、
いろいろ理解した上で薬を使うという選択をするのもありでしょう。

ただ体調があまりよろしくないペットちゃんの場合、
薬の副作用が出やすいという心配があり、

逆に元気いっぱいで、ちょっとくらいの化学物質を排除する力ありあり!
というコなら頼もしいですが、
逆にそういうコだと薬を使わなくても寄生されにくいという・・・
そうすると、結局薬使う必然性ってないんじゃない??とか思います。

あなたはどれを選択しますか??