DSC_1288(1)

暑くも寒くもなく、1年で一番過ごしやすい秋!
今年は秋が長くて過ごしやすいですね~。

ワンコのお散歩も快適です。

社会人になって以降、
快適な住み心地を求めてけっこう引っ越しを経験した私ですが、
トコと住んでるこの街では、
ワンコを通じてたくさんのご近所づきあいがあります。

ワンコってすごいですよね。
お散歩仲間に老若男女の区別はないんです。

短い時間でも毎日のように会って
ワンコ同士ご挨拶させながら少し立ち止まって話して、
それがワンコが生きている間ずーっと続いていくわけで
なんだかとっても気心知れた気分になったりします。

ワンコがいれば、都会も捨てたもんじゃないですよ。

で、それに関連して実はちょっとした悩みが。。。

顔なじみの飼い主さんとそのワンちゃんたちと
毎日のように会っていると、
『お腹の調子が悪い』とか、
『ずっと下痢しててなかなか治らない』とか、
『ソファから落っこちて脚痛めた』とか、
『季節の変わり目にご飯食べずに元気がなくなる』とか、

実にいろいろな不調のことを聞きます。

私、レイキサロンやってますけど、
大々的に外に看板掲げているわけではないですし、
お散歩で会う人にわざわざサロンのこと言ってないので、
普通に、近所の動物病院の評判やら、
情報交換してるわけです。

でも心の中では、
ああ、これはレイキが効くよね~と思って、
短いふれあいの時間にちょっと手をあてるのがせいぜいのところ。。。

いつもはがゆいのです。

短い時間に何をどうやって伝えればいいのか
適切な言葉が見つからず・・・
いつもちょっとモヤモヤしてしまいます。
で、このモヤモヤの根本はなんだろなーと、
よく考えてみたんですけど、

これ、本当に素直に、
そのワンコちゃんを少しでも楽にしてあげたいし、
そのために役に立ちたいし、
実際レイキしてあげたらきっと楽になるのに、
なかなかそれが叶わないからなんですよ。

私がレイキを始めたのは、
純粋に動物さんの役に立ちたかったから。

もちろんまずはうちのトコを最大限幸せにしたいと思ったから。

そして、どんな動物さんにも、
もちろん飼い主さんにも、レイキは本当に役に立つので
これを是非広めたいなと思ったからなんです。

そして、それをするために必要なことはすべて身に着けて、
サロンも設けて、そのための場所も作ったのに
なぜ目の前にいる、よく知っているワンコさんが不調の時に
レイキしてあげることが難しいのか。。。

宣伝や営業をしたいんじゃないんですよ。
ワンコちゃんがラクになって、気に入ってもらえたら本望なんです、本当に。

そうやって、それぞれの飼い主さんのところに
レイキが広まってくれたらなーという想いで
サロン開きました。

レイキやりたい!って思って、調べて、
サイトにたどり着いてくれる方々は
もちろんたいへん有り難いけれど、

なぜかすぐご近所で仲良くさせてもらってる
数々のワンコさんたちのお役には
いまひとつ立てていない。。。

そんな自分がふがいないなーと思うのです。

レイキみたいなのキライな人もいるからなーとか
考えてしまうんだけど、

「やらせてもらう」でもなく
「やってあげる」でもなく
試してもらってワンコさんが気に入ってくれたら
ジャンジャンやりましょうよ!

と思うのですが、
なぜできないんでしょうか、ワタシ。。。

きょうは、
サロン運営者としてとか、
レイキマスターとしてとか、
そういうことでなく、
私がライフワークとしてやっていきたいことの
原点の想いのお話でした。

課題だらけでカタジケナイ。。。

世界中の動物さんをこんなにトロトロにしたいと切に願うのでありました。
(デバイスによって写真がなぜかひっくり返って見えることがあるみたいです。な~ぜ~??)

20151024_115608021_iOS

スポンサードリンク