こんにちは。

この春は、サロンに併設でペットシッター業を始めたりしまして、
たいへん慌ただしく、しばらくぶりのブログ更新となってしまいました。。。

そんな中、実はトコ店長がちょっと簡単ではない「病気」・・・
という言葉は未だに違和感があるのですが、
ちょっとした不調というレベルではない事態になってしまいまして、、、

本犬、今は元気も気力も食欲もあり、
当然のことながら親子ともども治る気マンマンなんですが、

サロンにお越し頂くお客様や受講生様は
トコ店長に会えることを楽しみにしてくださる方もいて、
トコ自身も変わらずやる気をみせてはいるものの
どうしても体調のことなどあるので、ご報告させて頂きます。

何が問題かというと・・・
「腹水」が溜まるようになってしまったんです。

4月中旬のことでした。
最初はなんだかお腹が張ってるかなーというレベルから
あれよあれよとパンパンになりまして、
慌ててかかりつけの獣医さんに駆け込んだところ、

「あー、これは腹水だね」
と、即検査。

その日もトコはお腹はパンパンなものの、
元気いっぱいでお散歩もしてたんです。

突然「預かりで検査!」と言われ、
ただただボー然。。。

「何か重大な病気なのかしら・・・」とか、
あれこれ悪いことも考えましたが、
「とにかく原因がわかれば対処すればいいわけだし」
と検査が終わるのを待ちました。

それでですね。
検査の結果、、、「わからない」というのですよ。
血液検査の数値はすべて正常。
レントゲンやエコーでも特になにも見つからず、
各臓器にも異常なし。
下痢や嘔吐もない。

腹水が溜まるということは、
通常、フィラリア症や心臓病、腫瘍・ガン、あるいは血中のたんぱく質・アルブミン不足、急性膵炎・・・

などなどが考えられるわけですが、
それらすべてに当てはまらない。

腹水の細胞診の結果からも
何かを特定できるようなことは見つかりませんでした。

そうこうしている間に
検査疲れか、その後3-4日くらい食欲もなくなり、
明らかに元気がなくなってしまったので、
本当に生きた心地がしませんでした。

獣医さんに言われることも
ネットからの情報でも
「腹水」と言えば、命にかかわるたいへんな事態。

でも何を治療すればいいのかわからないと・・・

頼りになる友人たちの助言に支えられ、
何か食べられるものをと一生懸命考えたり、

もちろん時間が許す限り手をあててレイキしまくりました。
何もない元気な時は、なかなか長時間できないものですが、
問題がある時にはまとまった時間、じっくりというのはとても重要です。

寝る時間も少しでも長くできるよう、
眠ってしまった後にも、外れにくく体重がかかりにくいよう
手の置き方を工夫して、ひたすらひたすらレイキです。

もちろん、その一方で、
セカンドオピニオンで別の病院で検査も受けたり、
ホメオパシーも処方してもらったり、
別のエネルギー治療受けたり、
一般的な病院の検査とは別の方法で根本原因を探るための診療予約したり、
いろいろしました。

トコはどんな様子かというと・・・
検査直後は明らかに元気がなくなり、本当に心配しましたが、
しばらくするとすっかり元気と食欲を取り戻しました。

ベッドと取っ組み合いしたり、

20160427_000520303_iOS

お留守番後、私の靴下くわえてお出迎えしてくれたり、

20160517_095811877_iOS

最近は、ちょろっとお散歩にも出てまして、
ご近所のイヌ友さんたちが皆さん、口をそろえて言ってくださるのですが
病気のコの顔じゃないんです。

本当に気力に満ちてまして・・・
だから絶対に治ると思うんです。

そう信じて疑わないですが、
もうかれこれ1か月以上この状態でして、
腹水抱えて元気でいられるのが不思議なんですが、
こんな状態のままでいいわけはなく、
一刻も早くお腹すっきり、いつものトコに戻さなきゃなんです。

原因がわからないながらも、
腹水のメカニズムに作用するということで、
漢方薬を処方してもらいました。

20160509_132703138_iOS

トコの体格にして、この量・・・
最初はドン引きしましたが、

これをお湯で溶いて、
1日3回くらいに分けて、
シリンジで有無を言わせず、流し込みます(^-^;

20160509_132743615_iOS

漢方薬は苦いし、人間だって飲み続けるのはツラいです。
アドバイスくださったペットの漢方に詳しい先生は、食べ物に混ぜる方法やらいろいろ教えてくださいまして、

チーズとかベビーフードとか、葛粉にハチミツと一緒に混ぜ込もうかとか、
あれこれ考えましたが、
意外や意外、トコにはシンプルに液体が一番でした。

錠剤だと何がナンデモ吐き出すんですが、
液体は仕方なく飲み込んでくれます(^-^;
もちろんうれしそうではないです。。。ごめんね、トコ。

始めてからやっと10日ほどで、
まだ効果はわかりません。

あとは、
バイオレゾナンスの診療で原因がわかることを期待して、ひたすら診療日まで辛抱です。

レイキができることは、
間違いなくトコにも私にも支えになっていると思います。

セカンドオピニオンで伺った獣医さんは、
「ひょっとすると腹水を抜く必要があるかも」
ともおっしゃったのですが、
「毎日レイキしてるからこうやってなんとかなってるのかもね」
とも言ってくださいました。

ただ、原因が取り除かれず、
自力でそれに打ち勝つことができていないような状況では
レイキだけで解決というわけにいかないわけで、
西洋医学も東洋医学もなんでも有効なことは取り入れますよ。

たいへん長くなりましたが、
トコ店長、しばらく試練が続いてまして、
店長業はほどほどにさせて頂きます。

本犬、あいかわらずはりきってるので、
ご挨拶くらいはさせてくださいね。

必ず克服しますので、
皆さん、トコ店長をこれからもよろしくお願いします。

 

 

スポンサードリンク