4月中旬から、犬生始まって以来の大ピンチを迎えていたトコ店長・・・
原因不明の腹水貯留によりお腹パンパンで苦しい日々を過ごしておりました。
皆さまにもたいへんご心配をおかけしておりました。

長くかかりましたが、ようやく対処法がわかりまして、
この1週間くらいでメキメキよくなっています。

大好きなトリミングサロンは2か月間自粛中なので、
ちょっと頭ボーボーですけど、、、(^-^;
そろそろ解禁ですね。

toco0611_iOS

今は腹水ができてしまう原因を断つことに成功しつつあり、
溜まりに溜まっていたお水を毎日毎日おしっこで排出してまして、もうピーク時の半分くらいまでになりました。

この2か月、いろいろありすぎまして、

しかも、病気の話って、いろいろな考え方があって、
書くのが意外とムズカシイですね。

言葉足らずや、誤解なども起こるかもしれませんが、
それも覚悟で概要を書いておきます。

前回もご説明しました通り、
病院の検査(血液検査、レントゲン、エコー、細胞病理検査)は
詳細には2回、あと1回軽く・・・と全部で3回受けましたが、
どれも原因がわかるような結果はまったく得られませんでした。

逆に言うと、腹水が溜まる原因として一般的に疑われるような
悪性の腫瘍とか腹膜炎とか心臓病とか・・・
「そういったものではない」という結果は出るわけですよ。

で、何かみつからないと、西洋医学では何もできないんですよね~。

そして、具合が悪くなった当初からある病院の診療を予約し、
ひたすら順番待ちをしていたところで、先日期待通りに原因がわかり、
その原因を排除することで、今順調に回復しています。

それまで毎日毎日、ちゃんと呼吸はできているのか、
心配で心配で生きた心地がしなかったので、
この回復ぶりは本当にウレシイです。

私自身は、普段めったに病気などかからないのですが、
今回の深刻な事態は、今だから言えることですが、
本当によい経験になりました。

病理検査で白と出る前までは、
獣医さんの口からは何度も
腫瘍がある可能性があるので、もしそうなら抗ガン剤、放射線・・・
免疫介在性の疾患なら、ステロイド・・・
という言葉を聞かされました。

そういうものは、使うつもりはほぼないんですけど・・・
(実は自分自身のことなら死んでも使わないと決めている。。。)

それでも本当の対処法が見つからない段階では、揺れました。

今回、解決につながったのは、
トコを迎える前から手作り食の本でお世話になり、
何かあったら是非診てもらおうと(でも何もないだろうな・・・とのんきに思っていた)
ずっと考えていた須崎先生のながーい順番待ちに並んで、
バイオレゾナンスという方法で診断して頂いた結果です。

私は代替医療というものに全く抵抗がないのですが,
同時に西洋医学に対しては、
一般的な手続きも踏んでおかないと・・・
症状が急変した時などに困るし、、、
という思いで
一応西洋医学の診療も受けるんです。
検証の意味も含めて、、、

今回、実体験を通してつくづく感じたのは、

西洋医学で、「原因」と呼んでいることは実は結果だったりするということ、
それから、代替医療であるホメオパシーやヒーリングや、
東洋医学の漢方など、

レイキも現代日本では代替医療とされており、
私はそれらを積極的に取り入れるのですが、

どれが効くか効かないか、どれがよくてどれが悪いということはなく、
ポイントは本当の原因に対して対処しているかどうかなんだなということ。

原因を突き止めるのは簡単じゃないんですけどね、

トコのこの症状だって、
ずっと続いたらいずれどこかに腫瘍などができたかもしれない

そして、検査で腫瘍が見つかれば
「腹水の原因はコレです」
と診断されるわけです。
「だから腫瘍をやっつけましょう、抗ガン剤や放射線で」と・・・
腫瘍だって本当は原因ではなく、結果なんですけど。。。

今回、トコはいろいろすっ飛ばして・・・(!?)
いきなり腹水が溜まったわけで、
それは身体が異物と正常に闘った結果なんです。

漢方やホメオパシーなどは
効き目が弱いのではなくて、
何に対して施すかによって結果が変わるということ、、、

今回順番待ちの間にできることはないかとトライした漢方は、
「腹水が溜まった」という症状に対して働きかけるものだったので、
腹水が溜まる原因の方が取り除かれないので、
思うような結果を得ることはできませんでした。
漢方がダメだということではなく、対象が違うわけです。

===============================
*補足
この記事を書いた後のことでしたが、
これ↑について後日、須崎先生が記事を書いておられました。
その漢方薬、対症療法ではありませんか?
須崎先生の診療で処方して頂ける「臨界水」もベースは漢方薬だそうですが、
「原因を取り除く」使い方をしているのです
================================

レイキなどのヒーリングは
頼りになるけれど、
原因が取り除かれないままで
どんなにがんばっても
焼け石に水というか、、、
治癒まで持っていくことは難しい。

逆に原因が取り除かれれば、
身体は自然と治るし、
その助けにヒーリングは大いに役立つということ。

日本の医療の現状は、人間でも動物でも
そのような考え方はあまりされていないようだけれど、
その原因の多くは、利権とか製薬業界の陰謀だったりします。。。

まぁ、わざわざそんな陰謀と闘う必要もないわけで、
必要な情報を集めて、自分で選択して取り入れることができるのだから、
その道を進もうと思います。

まだ油断はできない段階ですが、
しっかりトコのコンディションを整えます。
完治はもう目の前ですよ!

皆さん、たくさん応援して頂いて
本当にありがとうございました。

これからもトコ店長をよろしくです(#^^#)