遠隔ヒーリングとは文字通り、遠く隔たった、つまり離れたところからヒーリングを行うことを指します。

レイキの基本は、対面でレイキを送りたい箇所にやさしく手をあてる形で行います。
ですが、実際にはエネルギーの世界では距離という概念はありません。

レイキは自然エネルギーでありどこにでも存在し、どこにでも到達します。

遠隔でヒーリングができますと、旅行中や入院中のご家族や、その他、目の前にはいないけれど調子の悪い友人・知人、さらには、直接身体を触られることが好きではないペット・・・はたまた自分自身の背中や腰といった手が届きにくいところ等々、レイキの使用範囲がぐっと広がり実に便利です。

ただ現代人である私たちが普通に生活しているとなかなかそれを普通のことと考えにくいのも事実です。

レイキではレベル2で遠隔でヒーリングを行う方法を学ぶことができます。

そのためには、まず対面でしっかりレイキが使えることが大前提ですが、ひとつひとつ積み重ねれば遠隔ヒーリングも難しいものではありません。
「遠く離れた大切な人にしてあげられることがある」というのは自分にとっても相手にとってもとても素敵なことですね。是非お試しを。